GoogleやMicrosoftなど、主要ベンダーが銃の絵文字を水鉄砲に変更

銃のままでもいい気がするけど……

米国では銃の乱射事件が後を絶たず、銃規制問題が社会的関心を集めていますが、そんな中、Androidの絵文字がアップデートされ、銃の絵文字が水鉄砲に変更されました。

これはAndroidが初めてというわけではなく、Appleは2016年にすでに変更済み。今年に入ってからはSmasungやTwitterも同様に水鉄砲に変更しており、Androidの変更はこれらにならった形です。

この変更はすでに1週間前の話ではありますが、銃の絵文字のままだったMicrosoft、Facebookも水鉄砲への変更を表明し、主要ベンダーがすべて水鉄砲の絵文字となります。

銃の絵文字を水鉄砲に変更することに、何かしらの意味があるのかは非常に疑わしいですが、水鉄砲の絵文字を送ったつもりが、受け取った側が銃を突きつけられた気分になるといった齟齬が起こりにくくなるという点では、絵文字の統一は歓迎すべきことかもしれません。

それにしても、Googleのみオレンジ色なのは何かしらのアイデンティの現れなのでしょうか。そして水鉄砲と言えば緑色なのは世界共通なようで面白さはあります。

▲Microsoftの絵文字はとてもスプラシューターっぽい

(via Android Police)
(source emojipedia)

back to top