Google、地域に特化したSNS的なニュース投稿アプリ「Bulletin」をテスト中

Twitterにハッシュタグでもいい気はするけどどうなんだろう?

Googleがローカルニュースを共有したり、閲覧したりが簡単にできるSNS的なアプリBulletinのテストを開始しました。現在はカリフォルニア州オークランドとテネシー州ナッシュビルの2地域で利用できます。

TwitterなどのSNSで、どこそこで火事が起きてる、電車が遅れているなどの極々ローカルなニュースが流れることがありますが、それに特化したアプリという感じのものです。

もちろん事件や事故に関するものだけではなく、地域のイベントなども投稿可能。テキストだけでなく写真た動画も使えます。

わざわざ専用アプリを作らずとも、TwitterやFacebookでいいのではないかとも思えますが、Bulletinの投稿はすべて公開(友達限定とかではなく)され、Gogole検索などでも見つかるようになるのだとか。そういう意味では地域の情報を探しやすくなっていいのかもしれません。

このアプリが他の地域にも広がるのか、テストのまま消えていくのかは定かではありませんが、それらは使われ方次第なのでしょう。実際、Googleは米CNETの取材に対し「このパイロットフェーズで、このアプリがどのように使われるか調査することを楽しみにしている」と語っています。

(source CNET)
(source Google)

back to top