Googleアシスタントがスケジュール機能に対応。指定時刻にルーチン実行、ただし米国のみ

日本語に対応するのが先か、英語を覚えたほうが早いのか……

Googleアシスタントに新機能として、スケジュールされたルーチン機能が追加されました。ただし英語でのみ利用可能です。

この機能、5月のGogole I/Oで発表されていたもの。(米国の)Googleアシスタントには、複数のコマンドをまとめて実行できるルーチン機能が備わっており、6つのプリセット以外にも好きなルーチンを作成可能になっていました。ちなみにこのルーチン、日本では「今日はどんな日」としてその一部機能のみが提供されています。

ルーチン自体は1つのコマンドで複数の操作を実行できるもの、たとえば「OK Google、ただいま」で部屋の電気とエアコンをまとめて点けたりといった具合。これに対し、今回追加されたのは、あらかじめ実行する時間や曜日を指定しておくことで、コマンドを発しなくても勝手に実行してくれるというものです。

朝の7時になったらカーテンを開け、音楽をかけてくれるとか、旅行中でも家の電気を毎晩点けて、防犯対策するといったことが可能になります。

とても便利そうな機能ですが、まずは日本でもルーチン機能を使えるようにしてもらわないと、どうにもならないですね……。

(via 9to5Google)

back to top