一部で話題のクラムシェル端末「Gemini PDA」、Indiegogoでまだ出資可能

まだ間に合う、と思う。

10月21日に開催された「八王子変態端末オフ5」の中でも携帯研究家の山根博士が絶賛していたGemini PDA。ブログで書いたつもりが書いていなかったので、あらためて触れておきたいと思います。

現代版 Psion Series 5、「Gemini PDA」

Gemini PDAは2017年に2月からクラウドファンディングIndiegogoでキャンペーンが行われていたデバイス。4月には目標額の284%を集め製品化が進められているところです。

画像を見てわかる通りクラムシェル型の端末で、OSはAndroidとLinuxのデュアルブートが可能。

Linux on Gemini – First Look from Planet Computers on Vimeo.

主な仕様

キャンペーン開始時から若干仕様が変っており、現在は下記のようになっています。おそらくこのまま製品化されるはずです。

仕様 Gemini PDA
ディスプレイ 5.99インチ 2160×1080
SoC MediaTek Helio X27 Deca-Core
RAM 4GB
ストレージ 64GB + microSD
バッテリー 4220mAh
フロントカメラ 5MP
リアカメラ 非搭載
サイズ 171.4 x 79.3 x 15.1 mm
重さ 320g
USB USB Type C x 2
WiFi 802.11 a/b/g/n/ac
LTE 1/2/3/4/5/7/12/17/20/41

LTE非搭載のWiFi版も用意されています。

日本語キーボードも

この手のキーボード端末といえば、US配列が当たり前なのですが、日本からの出資者が多かったため、US配列とは別に日本語配列も検討されていたりします。ただし技適を取るかどうかは別の話です。なお、ほかにも中国版やドイツ版なども検討されているようです。

最初は懐疑的だったGemini PDA

Gemini PDAを開発しているのは英国のPlanet Computers。Geminiを開発するために作られたベンチャーですが、ハードウェアデザインは「Psion Series 5」をデザインした Martin Riddiford氏が担当。ソフトは米国大手キャリアのT-Mobileなどにアプリケーションやクラウドサービスを提供しているPrivate Planetが担当。ベンチャーといいつつ、実態は20年選手の集まりです。

キャンペーンが始まった直後には、7インチサイズのWindows端末 GPD Pocketのクラウドファンディングと時期が被っていたこともあり、「本当に出るのか?」「無理だろう」と懐疑的な意見も多く見られました。しかし段々と「本当にでるっぽいぞ!?」と空気が変わり、現在に至ります。

12月に出荷予定

出荷は12月(一部は11月?)の予定。出資者数が2,010人と比較的少な目(GPD Pocketは8,000人を超えていました)なので、年内には全数出荷されるかもしれません。

なお、キャンペーンは終了していますが、indiegogoでは現在でも出資可能です($399 + 日本への送料$70)。出荷タイミングは遅れるかもしれませんが、気になる人はチェックしてみてください。

(source Indiegogo)

タグ: , , ,

back to top