Samsungの新タブレット、Galaxy Tab S4の画像が流出。SペンへのBluetooth搭載は?

このSペンならバッテリ載せる余裕はありそう

Samsungの次期Androidタブレット、Galaxy Tab S4の画像がリークしています。

Galaxy Tab SシリーズはスマートフォンのGalaxy Sシリーズと同じく、タブレットのフラッグシップシリーズです。前モデルとなるGalaxy Tab S3は2017年3月に発売されており、1年半ぶりのモデルチェンジとなります。

Evan Blass氏が投稿した画像の前に、Android Headlineでも正面と背面の画像が掲載されており、その特徴がわかります。

まず気になるのが画面サイズ。Tab S3では9.7インチ 2048×1536の4:3画面でしたが、Tab S4は16:9画面になっています。画面サイズは10.5インチになるようです。

また、ホームボタンや指紋センサがないのも大きな特徴。指紋センサはディスプレイ下に内蔵しているかもしれませんが、おそらくは顔認証・虹彩認証のみになる可能性のほうが高そうです。

また、Sペンが利用できるのもTab Sシリーズの特徴。本体に内蔵はできませんが、NoteシリーズのSペンよりも太く持ちやすそうです。

Tab S3のものとくらべ、ボタンが1つ増えているような気がしますが、Note 9と同じくBluetooth対応だったりするのでしょうか?

その他、噂されている仕様としては、Snapdragon 835、RAM4GB、シトレージ64GB。リアカメラは13MP、フロントが5MP。7300mAhのバッテリー搭載といったあたり。

Galaxy Note 9は8月9日に発表されますが、Tab S4はそれより後、8月末に開催のIFA 2018で発表される予想されています。

(source Twitter, Android Headline)

back to top