バッテリー発火問題のGalaxy Note 7、対策品を9月28日から販売再開

galaxy-note7_highlights_kv_black-x

バッテリの発火によるリコールで販売を休止しているGalaxy Note 7ですが、韓国では対策品の販売が9月28日から再開されるということです。

マーケットによっては、対策品にはその印として「S」のマークがパッケージにつくということで、Galaxy Note 7Sとも呼ばれているようですが、とりあえず9月28日に韓国で発売を再開し、他国でも10月中には再開されるということです。

リコールの対応としては、韓国では9月19日から対策品との交換が開始、米国でも21日から開始とのこと。

また、19日以降には充電容量を60%に抑えるアップデートも行われる予定です。

ただ、飛行機内での利用禁止処置などは、対策品の出荷が始まったとしても当面続くでしょうし、むしろ解除の見込みはない気もします。
傍からみても対策品なのかどうかなんてわからないですし。

う~ん、この問題、どこで決着するのでしょうね。
やっぱり国内での販売は見送りになるのかなぁ?

(via GSMArena)
(source CNN)

タグ:

back to top