Samsung、18.5:9のインフィニティディスプレイにデュアルフロントカメラを備えたミドルクラスGalaxy A8/A8+を発表

Aシリーズ、日本でも出さないですかね

SamsungがGalaxy S8/S8+と同様の18.5:9なInfinity Displayを採用したミドルクラス端末、Galaxy A8/A8+を発表しました。

ぱっと見はほぼGalaxy S8/S8+と同様ですが、特徴はフロントカメラ。16MP+8MP(どちらもF1.9)のデュアルカメラになっています。Note8のリアカメラのように標準と望遠(クローズアップ)の切替で、ボケ味を調整するライブフォーカスも利用可能です。ちなみにリアカメラは16MP F1.7のシングル仕様。

指紋センサの位置がリアカメラの下側になっているのがS8との違いです。横にあるよりも間違える頻度は下がりそうですが、もう少し離したほうがよかったかも。カメラのそばに置きたいのは内部配置上の問題なのでしょうか?

ディスプレイサイズはA8が5.6インチ、A8+が6.0インチで解像度はどちらも2220×1080。エッジ部はなく、フラットなディスプレイとなっているようです。

SocはOcta Core (2.2GHz Dual + 1.6GHz Hexa)でRAMとストレージはA8が4GB+32/64GB、A8+が4/6GB+32/64GB。バッテリーはそれぞれ3000mAhと3500mAhとなります。

ミドルクラスとはいえ、IP68の防水にも対応。また、Aシリーズとしては初めてGear VRをサポートするとのことです。ただ、Bixbyには非対応のようです。

そして、今回の発表では触れられていませんが、以前に流出したユーザーマニュアルによると、3.5mmジャックは底面にあるとのこと。発売日や価格などの情報はまだ出ていませんが、1月に発売予定のようです。

なんとなく、これでいいやという気がしなくもないのですが、あとは価格次第でしょうか。4万円台でSIMフリーとして出してくれると面白そうなのですが、日本では出ないのでしょうね。

(via Android Police)
(source Samsung)

back to top