Pixelbook上で動くGoogleの新OS「Fuchsia」の様子が公開。PCスタイルとスマホスタイルを切り替え可能

やっぱりChrome OSの代替なのでしょうか?

Googleが開発している謎のOS「Fuchsia」。今月初めにはPixelbookがサポート端末に加わったとのニュースがありましたが、そのPixelbookでFuchsiaを動かした様子をArs Technicaが伝えています。

FuchsiaはGoogle独自のマイクロカーネルZirconを使ったまったく新しいOSです。公式ドキュメントによると、高速なプロセッサを備えた最近の携帯電話やPCをターゲットにしているとのこと。

そのためなのか、FuchsiaのUIもスマートフォンとPCスタイルを切り替えられるようになっています。

タブレット上でスマートフォンのUIを再現する必要性がわかりませんが、まだテスト中だからでしょうか?

なおPixelbookのタッチパネルやトラックパッド、キーボードなどが問題なく使えているとのことですが、Wi-Fiだけは動作せず、USB-C経由で有線接続しているとのこと。

まだ完成には程遠く、単にプレースホルダーとして表示されているものも多いようです。ただ、見た目からの印象はChrome OSの代わりになるような雰囲気を受けるのですが、AndroidとChrome OSを統合させたものになるのか、全く別のラインになるのか……。

何にしろ、完成まではまだ時間がかかりそうなので、期待しつつ、気長に待ちたいと思います。

(source Ars Technica)

back to top