2016.5.18 (更新日:2016.05.20)

FREETEL フルメタルボディで薄型軽量なミドルクラス端末 SAMURAI REI(麗)を発表

samurairei

他の格安SIM事業者とは違い、独自端末の販売にこだわりを見せているFREETELがSAMURAIシリーズの第3弾、SAMURAI REI(麗)を発表しました。

追記:実機レビューを公開しました。

薄型軽量のミドルクラス端末

Reiはアルミ削り出しのiPhoneに似た筐体を採用しています。このため、バッテリの交換には非対応となりましたが、その分薄型軽量を実現しました。

スペック

とりあえず、スペックをMIYABIと比べてみました。

Rei(麗) Miyabi(雅)
ディスプレイ 5.2インチ 5.0インチ
解像度 1920×1080 1280×720
プロセッサ MediaTek MT6753
64bit 1.3GHz オクタコア
MediaTek MT6735
1.3GHz クアッドコア
RAM 2GB 2GB
ストレージ 32GB+microSD(最大128GB) 32GB+microSD(最大128GB)
カメラ 13MP/8MP 13MP/5MP
バッテリ 2,800mAh 2,200mAh
WiFi a/b/g/n(2.4/5GHz) b/g/n(2.4GHz)
高さ 145.8mm 142mm
71.5mm 72mm
厚さ 7.2mm 8.2mm
重さ 136g 150g
価格 29,900円 19,800円

プロセッサはMIYABIよりもはっきりと上で、それ以外は少しだけ強化されているという感じです。

FREETEL史上最も薄く、最も軽い

REIの特徴はなんといってもその薄さと軽さです。5.2インチで厚さ7.2mm、重さ約136gというのはなかなか立派です。

このサイズは「5.2インチクラスのスマートフォンで最高レベル」ということなのでざっと調べたら、5.2インチのXperia Z3が7.4mmで154g、5.1インチのGalaxy S6が6.8mm 138g、4.7インチのiPhone 6sが7.1mm 143gという感じで本当に最高レベルのようです。

指紋センサ内蔵のホームボタンを搭載

REIは、SAMURAIシリーズでは初の指紋認証に対応したホームボタン「FREETELボタン」を搭載しています。

REI

軽いタッチで1つ前の画面、1回押しでホーム画面、2回押しでアプリ履歴画面、長押しでGoogle nowを起動といった、毎日使う機能を親指だけで瞬時に操作できるようになりました。

2回押しや長押しに対応するのはよくありますが、「軽いタッチで1つ前の画面」という機能は珍しいですね。

独自ランチャーのFREETEL UI

これまでのFREETELの端末は割とAndroidの素の状態に近かったのですが、REIからはオリジナルのUI「FREETEL UI」を搭載しています。

片手操作もしやすくなっているということですが、実際の使い勝手は気になるところです。

スクリーンショット_051816_110702_AM

発売は5月27日 29,900円は微妙な価格

5月20日から予約を開始し、発売は5月27日。価格は29,900円となっています。この価格、MIYABIよりは高く、最上位のKIWAMIよりは安いのですが、正直ちょっと高めの設定かなと感じます。

samurairei

税込みだと32,292円となるので、ここは税込みで3万円を切ってほしかったかなぁ。気軽に手を出せる金額ではないですね。

FREETELは小米(Xiaomi)を目指している?

REI発表時に第一印象は「Xiaomiの端末に似ている」というものだったのですが、発表会では、XiaomiのMIUI(Xiaomiの端末が搭載しているAndroidのカスタムOS)のようにカスタマイズしていきたいというようなことも言っていました。

今後、FREETELはXiaomiのようにハイスペックな端末も出していくのでしょうか?日本の市場は超ハイスペックよりで、すでにミドルクラス端末も飽和状態になりつつあると思います。そこに低価格なハイスペックモデルを投入してくれると面白そうな展開になるのだけど、そこまでやってくれるかな?

(source FREETEL)

タグ: , ,

back to top