ドスパラ、9.7インチ 2048 x 1536なDiginnos Tablet DG-A97QTを限定価格1万4980円で販売再開

Fire HD 10とどっちがいい?

ドスパラが9.7インチAndroidタブレット、Diginnos Tablet DG-A97QTの販売を再開しました。販売再開を記念して、限定特価1万4980円(税込)(旧価格:2万7593円)となっています。

DG-A97QTは昨年10月に発売されましたが、永らく入荷待ちとなっていました。9.7インチですが解像度が2048 x 1536なのが魅力のタブレットです。アスペクト非も4:3なので、電子書籍やマンガを読むのに最適だとしています。

主な仕様としては、SoCがRockchip RK3288、RAM4GB、ストレージ32GB + microSD。バッテリ7200mAh、重さ570g。無線は802.11 b/g/n/acにBluetooth 4.0。カメラはリア 500万画素、フロント200万画素、OSはAndroid 6.0となります。

RAMは4GBあるものの、SoC的にゲームは厳しい感じでしょうか。電子書籍や動画鑑賞にはちょうどいいかもしれません。

ただ、この価格になるとFire HD 10が競合になりそうです。Diginnos Tablet DG-A97QTはGoogle Playに対応しているのがアドバンテージですが、電子書籍と動画にしか使わないのであれば、Fire HD 10のほうがいい気もします。

もとからGoogle Playが使える汎用性をとるか、解像度は落ちるもののAmazonサービスと親和性の高いFireをとるか。なかなか悩ましいかもしれません。

(via PC Watch)
(source ドスパラ)

back to top