電気を流して色を変える繊維素材「ChroMorphous」を米大学が発表

なんかの映画かアニメで見たような……

セントラルフロリダ大学のオプティクス&フォトニクス学部(CREOL)が、スマートフォンなどから色を変更できるファブリック素材「ChroMorphous」を発表しました。

このChroMorphous、繊維と一緒に細い金属ワイヤを編み込んでおり、これに電流を流すことで発熱。その熱に特殊な顔料で染めた繊維が反応し、色が変わる仕組みです。

発熱するものを服にしたら熱いのではと心配になりますが、皮膚に触れていても温度変化はほとんど感じない程度とのこと。また、仕組み上、気温の変化にも反応してしまいますが、0℃~69℃の範囲で任意の温度で反応するよう調整することも可能とのこと。ちなみに肌触りはデニム地に近い感じだそうです。

現在はストライプ模様のみですが、将来的には縦横に編み込むことでチェッカーボードのようなパターンも可能になるとしています。なお、最大4色まで利用(変化)できるそうです。

電流を流すため、バッテリーパックを接続する必要がありますが、現在のプロトタイプでは充電式のリチウムイオンバッテリーを使用しています。

かなり特殊なイメージですが、その製造プロセスは、量産に使用できる業界標準の機器を使用しているとのこと。現在はファッションデザイナーや衣料品メーカーと協力し、特定の製品に向け最適化したものを開発中なんだとか。

応用範囲は広そうですが、まずはカバンや衣類ですかね?

(via CNET)
(source chromorphous)

back to top