Chrome OS 64リリース。Android同様のスクリーンショット取得、Google PlayアプリでVPNが利用可能に

だんだんとChrome OSだけでよくなってきた

Chrome OS

GoogleがChrome OS 64をリリースしました。数日をかけて各Chromebookに展開される予定です。

この版ではSpectre、Meltdownへの対応などバグやセキュリティ対策のほか、いくつかの機能追加が行われています。

その一つが、タブレットモードでのスクリーンショットの撮り方。通常、Chromebookではキーボードのショートカットでスクリーンショットを撮りますが、C101PAなどのようにディスプレイを後ろに回してタブレットモードにできる機種の場合、この状態だとキーボードが使えません。

Chromebook C101PA

▲タブレットモード

しかしChrome OS 64では、Androidと同じく、電源ボタン + 音量ボタンでスクリーンショットが撮れるようになります。

Chromebook C101PA

▲Androidタブレットと同じ感覚でスクリーンショットが撮れるように

また、タブレットモード時は、アプリが全画面表示になるのですが、Androidのように画面分割が使えるようにもなるとのこと。

以前にChrome OSがタブレットをサポートするとの話が出ていましたが、ちゃくちゃくとその方向に進んでいる感じです。

ほかにも、Google PlayでVPNが利用可能になったり、Androidアプリがバックグラウンドに回っても停止ししなくなるといった機能も追加されます。

GoogleはすでにAndroidタブレットなPixel Cの販売をやめており、現状ではNexusを含めAndroidタブレットにGoogle製品はありません。ひょっとすると、タブレットの役割もChrome OSに移行してく考えなのでしょうか?

(via 9to5Google)
(source Google)

back to top