2017.8.26

Canon、Android搭載のミニプロジェクター M-i1を発表、PCやスマホ不要で投影可能

Moto Modsみたいにスマホと合体出来たらよかったかも。

CanonがAndroidを搭載し、PCなどを接続しなくも単体で利用できる身にプロジェクター M-i1を発表しました。直販価格は2万9800円(税別)で9月7日発売予定。

M-i1は105 x 105 x 22mm 約235gというコンパクトなモバイルプロジェクターで、PCやスマートフォンなどの映像ソースがなくても内蔵メモリやUSBメモリの内容をインストールされた各種アプリケーション(Office ViewerやCamera Connectなど)を使って投影することができます。本体上部にタッチパッドを備えており、単体でのアプリ操作も可能です。

反面、HDMIポートはなく、PCを有線で繋げようと思ってもできません。本体のポートはUSB Type-Aが1つあるのみ。充電はmicroUSBで行い、モバイルバッテリの利用も可能。

HDMIでの接続はできませんが、MiracastやAirPlayに対応しており、AndroidやiOSなどからワイヤレスで投影することはできます。

プロジェクタの仕様としては、画素数854×480、投影距離は0.5m(14型)~3m(84型)。明るさは最大70lmでコントラスト比800:1。

このほか、3Wのモノラルスピーカーを搭載しており、Bluetoothスピーカーとしても利用できるとのこと。

なお、Androidを搭載しているものの、この手の製品の常として、Google Playには非対応のはずです。

プロジェクターとしてがっつり使うというよりは、出先でスマートフォンの画面を共有したいという感じの使い方になるかと思います。タブレットでもいいのではないかという気もしますが、14インチ以上のタブレットを持ち歩くのも大変ですし、それなりに需要はあるのかもしれません。

(source Canon)

タグ: , , , ,

back to top