BlackBerry、ミドルクラスのAndroidスマートフォン 「DTEK50」を発表

DTEK50

BlackBerryが新しいAndroid端末、BlackBerry DTEK50を発表しました。

Snapdragon 617を搭載したミドルクラス端末

DTEK50はSnapdragon 617を搭載したミドルクラスの端末で、BlackBerryらしく高セキュリティであることがアピールされていますが、ハードそのものは、背面のデザインこそ違いますが、今年2月に発表されていたAlcatel IDOL 4そのもののようです。

スペック

DTEK50の主なスペックは下記。
意味はないのですが、Alcatel IDOL 4と比較してみます。

DTEK50Alcatel IDOL 4
ディスプレイ5.2インチ5.2インチ
解像度1920×10801920×1080
プロセッサSnapdragon 617
1.5GHz + 1.2GHz オクタコア
Snapdragon 617
1.5GHz + 1.2GHz オクタコア
RAM3GB3GB
ストレージ16GB+microSD(最大2TB)16GB+microSD(最大2TB)
カメラ13MP f2.0/8MP f2.213MP f2.0/8MP f2.2
バッテリ2610mAh2610mAh
高さ147mm147mm
72.5mm72.5mm
厚さ7.4mm7.1mm
重さ135g135g
NFC
Bluetooth4.24.2
WiFi11a/b/g/n/ac 2.4GHz,5GHz11a/b/g/n/ac 2.4GHz,5GHz

厚みだけDTEK50のほうが厚いのは背面の処理を変えているためでしょうか?

世界で最もセキュアなAndroidスマートフォン

BlackBerryはDTEK50を世界でも最もセキュアなAndroidスマートフォンだとしています。
どうやら組み込まれている「DTEK」というソフトウェアがセキュリティの肝みたいです。

8月第2週に発売

米国では8月8日の週に$299で発売されます。
なお、12,600mAhのモバイルバッテリが付いてくるそうです。

ちなみに英CloveではIDOL 4を£190.83(約26,000円)で販売中です。

Clove

フルタッチよりも前面QWERTYを

今回、自前で端末を作らなかったのには何か理由があるのでしょうか?
既存の端末にBlackVerryのセキュアな環境を入れて販売するというビジネスモデルにシフトしていく考えなのかもしれませんが、個人的にはやはりBlackBerryらしい前面QWERTYに期待したいところです。

それも、Q10やClasiccのような大型端末ではなく、BB9790のような小型端末を出してくれないかなぁ。

BlackBerry 9790

(source BlackBerry, 製品ページ)

タグ:

back to top