BIGLOBE、IoTホームサービス「BIGLOBE × with HOME」の受付を1月30日に開始。au HOMEのBIGLOBE版

使える機器の種類次第では考えたい

ビッグローブがKDDIが提供するIoTサービス「au HOME」の提携パートナーとして「BIGLOBE × with HOME」の受付を1月30日から開始すると発表しました。

au HOMEはスマートフォンから操作できる赤外線リモコンやスマートプラグ、ネットワークカメラなどを使い、スマートホーム化を進めるサービス。平たく言えば、専用アプリとそれで動作するスマートデバイスをセットで販売するものです。

BIGLOBE × with HOMEは、au HOMEのプラットフォームを利用したコラボレーション型ホームIoTサービス「with HOME」を使用するもの。ようするにau HOMEのBIGLOBE版でauユーザー(au、au光)でも利用可能なのがポイントです。代わりにbiglobeユーザーであることが条件になると思いますが。

具体的に内容はまだ公開されていませんが、au HOMEと同等のサービスが提供されるようです。

月額基本料490円(これにアプリの使用料が含まれます)に、希望するwith HOMEデバイス(スマート機器)の価格(一括か24か月の分割)を加えたものが使用量となります。

正直、わざわざこういったサービスを使わなくても、自分でGoogle HomeとNature RemoなりIFTTTを噛ませるなりしていけば基本使用料を払う必要はないのですが、そういったことに疎い人でも手軽にスマートホーム化を進められるのが、このサービスのメリットでしょうか。

(source Biglobe)

back to top