格安SIMのBIGLOBEモバイル、au回線を使った「タイプA」を提供開始

au回線のMVNOも増えてきましたね。

MVNOを展開するBIGLOBEは、9月末にブランドロゴを一新、サービス名称も「BIGLOBEモバイル」に統一しましたが、そのイベントの席上で、au回線を使ったMVNOについては「近日発表」としていました。

そのau回線を使ったMVNOが10月10日に発表され、タイプAとして提供が開始されます。

au回線を使ったMVNOサービス「タイプA」

BIGLOBEは2017年1月31日にKDDIグループとなっていましたが、MVNOサービスとしては従来どおりドコモ回線を利用していました。しかし、10月10日からはあらたにau回線のサービスも開始します。

従来のドコモ回線を使ったMVNOサービスも「タイプD」として継続。料金プラン自体も共通です。ただし、au回線ではもれなくSMSが付いてくるので、SMSなしのデータSIMのみは提供されません。

また、タイプAにおいてもエンタメSIMを含む各種オプションを利用可能です。

MVNOと言えばドコモ回線を使ったものが主流。使用する端末もドコモのネットワークに対応したものを選ぶ必要がありました。しかし、au回線のMVNOが増えてくると、既存のauユーザーも端末をそのままに格安SIMに移行しやすくなります。

ただし、auで販売されているキャリア端末はSIMロックを解除しないとMVNOのSIMが使えません。ドコモ端末とドコモ系MVNOのSIMであればSIMロックがあっても問題ないのですが、この点だけは注意が必要そうです。

なお、BIGLOBEモバイルは2017年12月3日まで、最大15,600円のキャッシュバックが受けられるキャンペーンを実施中です。

BIGLOBEモバイル

(source プレスリリース)

タグ: , ,

back to top