AUKEYのBluetoothレシーバー BR-C13を試す。3.5mmジャックのないスマホでも有線イヤホンが使用可能

音質は、まぁそれなり

最近は3.5mmジャックを搭載しないスマートフォンが増えており、逆に3.5mmジャックがあることが売りになったりしています。そんな状況なので、自然とBluetoothイヤホンの利用率が高くなっているのですが、やっぱりお気に入りのイヤホンが使いたいという人も多いはず。

そのために各社USB-CやLightningから3.5mmジャックへの変換アダプタを用意していたりしますが、Bluetoothで有線イヤホンを使うという方法もあります。

いわゆるBluetoothレシーバー、以前はそれなりにお高いものだった気がしますが、需要が増えたためなのか、最近では1500円程度でも購入できるようになっています。

というわけで、AUKEYのBluetoothレシーバーBR-C13を購入してみました。

非常に小さいレシーバーで重さも約16gと軽量です。

背面にはクリップが付いており、服やカバンに留めておけます。

充電はmicroUSB。1回の充電で約10時間再生可能とのこと。

操作系は、音量ボタンのほか、マルチファンクションボタンを搭載。短押しで音楽の再生・停止が可能。音量ボタンの長押しで曲送り/戻しにも対応します。マイクも搭載しており、着信中にマルチファンクションボタンの短押しで応答もできます。ただし、マルチファンクションボタンのダブルクリックで直近の発信先にリダイヤルしてしまうので、誤操作に注意が必要です。この操作はなかったほうが良かった気がする……。

なお、マルチポイントに対応しており、2台の機器と同時ペアリングが可能です。

肝心の音質は使用するイヤホン次第ではありますが、接続部分はBluetoothかつコーデックはSBCにしか対応していない(のではないかと思う)ので、音質はそれなりです。

もう少し金額が上の製品では、AACやapt-Xに対応しているものもあるので、音質重視ならそういった製品を選んだほうがいいかもしれません。

最終的にはBluetoothイヤホンに移行していくのでしょう。これも過渡期の製品ですね。

back to top