ASUS、大容量バッテリのZenFone 3 Maxを2017年1月中旬に国内で発売

ZenFone 3 Max

ASUSがZenFone 3 Maxの国内販売を発表しました。
発売は来年1月中旬以降、価格は19,800円(税抜)となっています。

こでれ国内発表されたZenFone 3シリーズは、

  • ZenFone 3
  • ZenFone 3 Deluxe(2機種)
  • ZenFone 3 Laser
  • ZenFone 3 Ultra
  • ZenFone 3 Max

となり、海外で発表されているすべての端末がリリースされることになります(Deluxeのラインナップが若干違いますけど)。

そんなZenFone 3 Maxのスペックは下記。
先代のZenFone Max、シリーズの中ではスペックが低いZenFone 3 Laserと比較してみます。

仕様ZenFone MaxZenFone 3 MaxZenFone 3 Laser
ディスプレイ5.5インチ5.2インチ5.5インチ
解像度1280×7201280×7201920×1080
プロセッサSnapdragon 410MediaTek MT6737MSnapdragon 430
RAM2GB2GB4GB
ストレージ16GB+microSD16GB+microSD32GB+microSD
カメラ13MP/5MP13MP/5MP16MP/8MP
バッテリ5,000mAh4,100mAh3,000mAh
高さ156mm149.5mm146.8mm
77.5mm73.7mm73.9mm
厚さ5.2~10.55mm8.55mm7.9mm
重さ202g160g144g

プロセッサがMediaTekになったのが大きな違いですかね。
国内だと9月に発表さたGooのスマホ、「g06」が同じプロセッサを積んでいます。

Maxの特徴は大容量バッテリで、モバイルバッテリの代わりとして他の機器を充電できるというものですが、その容量も4,100mAhとやや減少してしまっています。
これは本体の省電力が進んだというのも理由にありそうです。

すでにDMMモバイルが取り扱いを表明していますが、ZenFone Maxと同様に多くのMVNOが取り扱いそうですね。

(source ASUS)

タグ: ,

back to top