香りを可視化したショッピングサイト「milunio」、コーヒー15種の販売を開始。ネットショッピングも香りで選ぶ時代に?

自分の匂いを可視化して、パターンが近い人を探すと親近感がわくとかの使い道はないものか?

小型ニオイイメージセンサーを開発しているアロマビットが、世界初となる香りを基準にして商品を選べるEコマースサイト「milunio」をオープンしました。まだベータリリースということですが、第1弾として久光珈琲の「GUILD COFFEE」ブランド焙煎豆15種類の販売を開始しています。

「香りで商品を探す」といっても何らかの装置を使って実際に香りを嗅げるわけではなく、香りを記号化した「aroma code」を利用します。

aroma codeはアロマビットが開発したニオイセンサで商品の香りを測定し、それをデジタルのパターン情報として起こしたもの。このパターンが似ていれば香りも似ている、ということのようです。

これを使えば、例えば好きな香りの商品(香水でもなんでも)があり、それに似ている香りのもっと安い商品を探すということもできるとしています。

確かに面白そうなサービスではありますね。好きな香りがあって、その香りに近い商品を探すとか、いままでは実際に手に取るしかなかったショッピング体験がネットでできるようになるかもしれません。

だがしかし。ベータリリースとは言え、現在のmilunioで商品を買いたいとは思えないなぁ。もう少し見せ方はあったんじゃないかと思います。

あと、パターンの中でここが大きいと香りが強いとか、甘い香り寄りになるとかの基準がわかるともっといいかも。

なんにしろ、まだ始まったばかりの試みなので、今後を楽しみにしていたいと思います。

(via @press)
(source milunio)

タグ: ,

back to top