Android Wearが「Wear OS by Google」に改名。来週のBaselWorldで新製品発表も期待

変ったのは名前だけなのかどうかが問題

先日、Android Wearの名称がWear OSに変更されるかもしれないとの記事を書きましたが、その変更が正式に発表されました。今後、Android Wearは「Wear OS by Google」となります。

Android WearはAndroid以外にiOSでも利用可能になり、実際のところ、2017年には、新しいAndroid Wearユーザーの3人に1人がiPhoneユーザーだったとのこと。このため、ブランド名にAndroidが付いていることがわかりにくい、あるいはマイナス要因になるとの判断があったのでしょう。マルチプラットフォーム化を進めるうえでは正しい判断と思います。同様にブランド名からAndroidを削除した例としては、最近はGoogle Payがあります(旧Android Pay)。

新名称は、今後数週間で各デバイスに展開されていくとのこと。

▲Google Play開発者サービス12.5以上では新しい名称とロゴが表示されます

とはいえ、最近ではAndroid Wear自体に大きな話題がなく、存在感が薄くなっているのは確かです。

来週開催される時計業界の一大イベントBaselWorldでWear OSを搭載したスマートウォッチが発表されれると思いますが、変ったのは名前だけなのか、あるいは中身も変わっているのかに注目です。

(source Google)

back to top