4月のAndroidシェア Android 6.0 Marshmallowのシェアが倍増

Androidバージョン

Googleが3月29日~4月4日の間、Google Playを利用した端末のAndroidバージョンの内訳を発表しました。

この情報、毎月報告されているものですが、先月と比べるとAndroi 6.0の割合が大きく伸びているのがわかります。

Google、3月のAndroidバージョンシェアを発表 Android 6.0が2%越え

3月のシェアと比較すると下記のようになります。

3月4月前月比
2.2Froyo0.1%0.1%
2.3.3-2.3.7Gingerbread2.6%2.6%
4.0.3-4.0.4ICS2.3%2.2%-0.1%
4.1.xJelly Bean8.1%7.8%-0.3%
4.2.xJelly Bean11.0%10.5%-0.5%
4.3Jelly Bean3.2%3.0%-0.2%
4.4KitKat34.3%33.4%-0.9%
5.0Lollipop16.9%16.4%-0.5%
5.1Lollipop19.2%19.4%+0.2%
6.0Marshmallow2.3%4.6%+2.3%

3月にはグローバル版のXperiaにもAndroid 6.0の配信が開始されたり、Galaxy S7などメジャーな端末がリリースされたのでそれがAndroid 6.0が伸びた理由ですね。FroyoやGingerbreadなどの低バージョンは割合に変化がなくなってきました。一定数は需要があるということなんでしょう。テスト端末とか?

Androidはフラグメンテーションが~という話もありますが、これを見ているとゆるゆるとではありますが、バージョンシフトは進んでいるような気がしますね。

(source Android)

タグ: ,

back to top