5月のAndroidシェア Android 6.0が7.5%と急増 他バージョンはすべて減少

Android シェア

Googleが4月26日~5月2日の7日間にGoogle Playを利用した端末のAndroidバージョン内訳を発表しました。先月に引き続き、Android 6.0 Marshmallowの割合が大きくのびています。

VersionCodename4月5月前月比
2.2Froyo0.1%0.1%
2.3.3-2.3.7Gingerbread2.6%2.2%-0.4%
4.0.3-4.0.4ICS2.2%2.0%-0.2%
4.1.xJelly Bean7.8%7.2%-0.6%
4.2.xJelly Bean10.5%10.0%-0.5%
4.3Jelly Bean3.0%2.9%-0.1%
4.4KitKat33.4%32.5%-0.9%
5.0Lollipop16.4%16.2%-0.2%
5.1Lollipop19.4%19.4%
6.0Marshmallow4.6%7.5%+2.9%

先月まではAndroid 5.1 Lollipopも微増傾向だったのですが、今月はMarshmallow以外は減少となりました。

Lollipopの減少幅が少ないので、旧端末からのバージョンアップでMarshmallowになったというより、端末の買い替えが進んでいるという感じでしょうか。

それにしても、Marshmalloはだいぶ増加ペースが上がってきたとはいえ、リリースから半年たっても全体の1割にも満たないというのは、Androidの問題点といえば問題点ですよね。Android 4.4が最大シェアを持っているということは、アプリもそこはフォローしなくちゃいけないのだろうし。このあたりは、みんなが一斉にバージョンアップするiOSには敵いませんね。

(via Android Authority)
(source Android Developers)

back to top