Android Oreo(Go Edition)がAndroid 8.1とともに間もなくリリース

RAM 1GB未満に最適化されたバージョン

Googleが5月のGoole I/Oで発表していた、RAM512MB~1GBの低スペックなエントリーデバイスに最適化させたAndroid GoをAndroid 8.1とともに明日リリースすると発表しました。

正式名称は「Android Oreo(Go Edtion)」となるようです。その特徴は大きく3つ。

  • データ管理機能がデフォルトで有効にされたOS
  • 軽量化されたGoバージョンのアプリ
  • チューニングされたGoogle Play

Android Oreo(Go Edtion)はパフォーマンスも改善しており、平均的なアプリで15%高速に起動するとのこと。また、デフォルトでデータセーバー機能が有効になっているとのこと。

また、各種Goバージョンのアプリがプリインストールされ、標準アプリと比べてトータルでストレージが50%節約できるとしています。

このGoバージョンのアプリは、Files GoやYouTube Goなどすでに公開されているものもあります。

Google PlayもGoバージョン用のものが用意され、Android Oreo(Go Edition)に最適化されたアプリが見つけやすくなっているとのことです。

Android Oreo(Go Edition)が搭載されたデバイスがいつ登場するのかはわかりませんが、「数か月も待つ必要はないだろう」とのことです。

(source Google)

タグ: , , ,

back to top