Android 7.0 Nougatでウィンドウサイズを自由に変更できる「フリーフォームモード」を有効にする方法

Android 7.0 Nougatには、以前に紹介したRemixOSのようにアプリをウィンドウ表示できる機能があることが知られていましたが、これを有効にする方法がXDAで紹介されていました。

有効にする方法は簡単で、まず、端末側でUSBデバッグを有効にし、PCから下記のコマンドを入力します。

adb shell settings put global enable_freeform_support 1

ちなみにADBは先日、単独でダウンロード可能になっています。

その後端末を再起動すると、タスクメニューを表示させたときに四角いアイコンが追加されています。
これをタップするとフリーフォームモードになります。

なお、開発者向けオプションからアクティビティサイズを変更可能にするという項目をONにするという方法も紹介されていますが、この方法でフリーフォームモードを使うには、これに対応したランチャーが必要になるとのことです(XDAではテスト的に有効にしたランチャーが配布されています)。

ちなみ、Android 7.0のHUAWEI Mate 9、先行アップデート済みのHUAWEI P9で試しましたが、どちらも有効にできました。

さすがにスマートフォンの画面では実用性はないですが、8インチ~10インチくらいのタブレットであれば、Nougatで標準サポートされているマルチウィンドウ(2画面ウィンドウ)よりも使えそうな気がします。

Xperia Z4 Tabletやarrows TabがNougatにアップデート予定となっているので、アップデートされたら試してみたいですね、持ってないけど。

Xperia Z4 Tablet、Expansysでは65,700円(2017年1月10日時点)で販売中です。

Expansysで購入する

(source XDA-Developers)

タグ: , ,

back to top