Google、従業員に「Androidバーガー」を提供。チーズがパテの下にあるAndroid 8.0の絵文字がきっかけ

トマトの有無でも論争があるらしい

現在にわかに注目を集めているハンバーガー論争があります。それは、GoogleがAndroid 8.0で採用した絵文字。

きっかけは1つのツイートでした。

ぱっと見では特におかしなことはありませんが、よく見ると、Googleの絵文字はチーズがパテの下にあり確かにおかしなことになっています。

ちなみに画像は各種絵文字をアーカイブしているemojipediaのもの。ハンバーガーの絵文字はUnicode 6.0で2010年に規定されているそうですが、なぜか各社ともチーズバーガーの絵になっているそうです。

これに対し、GoogleのSundar Pichai‏氏は、週修正したほうがいいという意見が多数なら月曜日に修正するとの投稿を行っています。

そんな中、Googleでは、Androidバーガーと名付けられたチーズがパテの下にあるハンバーガーが実際に振舞われました。

こういう遊び心はさすがですね。そして、これはこれでおいしそうな気もします。

本当に週明けに絵文字が修正されるのかが気になるところですが、Googleはビールの絵文字でもやらかしており、絵文字に対してこだわりがないことが指摘されてもいます。

▲何がおかしいかおわかりだろうか?

(source The Verge)

タグ: , , ,

back to top