Android 8.1に公衆Wi-Fiの速度表示機能が追加。接続前に確認可能、「遅い」「OK」「速い」「非常に速い」の4段階

公衆Wi-Fi、イライラするので最近使ってない。

繋いでみたものの、遅くて使い物にならないことも多い公衆無線LAN。そんな無線LANの回線速度をつなげる前に表示してくれる機能がAndroid 8.1向けにリリースされたとのことです。

回線速度を表示と言っても、数値で表すわけではなく、「遅い」「OK」「速い」「非常に速い」の4段階。

  • 遅い: Wi-Fi 通話を使用できる場合は、電話をかけたりテキスト メッセージを送信したりできます。
  • OK: ウェブページを閲覧したり、ソーシャル メディアを使用したり、音楽をストリーミングしたりできます。
  • 速い: ほとんどの動画をストリーミングできます。
  • 非常に速い: 非常に高画質な動画をストリーミングできます。

この表示はネットワークとインターネット > Wi-Fi > Wi-Fi 設定 > 詳細設定 > ネットワーク評価プロバイダなしに設定することで、非表示にもできるとのこと。

このネットワーク評価プロバイダですが、なし以外ではGoogleが選べます。なので、速度表示は他のAndroid端末がそのWi-Fiを利用した実績を収集し、それを根拠にしているのかもしれません。

この機能を利用できるのはAndroid 8.1のみとのことですが、Android 8.1を利用できるのはいまのところPixel、Pixel 2、Nexus 5X、Nexus 6Pのみ。ちなみに、手元のPixel 2 XLではとくに速度の表示はされていませんでした(公衆Wi-Fiではありませんが)。

(source Google)

back to top