米Amazon、自作動画をAmazonビデオで配信、販売できるAmazon Video Directを発表

Amazon Video Direct

米Amazonが自分で作成した動画をAmazonビデオで公開できるAmazon Video Directを発表しました。本日からすでに開始されています。

このAmazon Video Direct(AVD)、自分で制作した動画をAmazonを通じて配信できるもので、公開方法よっていくつかの収益化の方法が選べます。例えばプライムビデオに含めてその視聴時間によるインセンティブを受け取る、レンタルまたは販売として収益を得る、広告表示される動画として公開するなどです。

また、Amazonプライムで公開した動画のうち視聴時間などで決まる上位100タイトルに、Amazonよりひと月$1,000,000(約1億円)が分配されるということです。なかなかに太っ腹なサービスですね。

これまで動画で稼ぐというとYoutube一択みたいなところがありましたが、Youtuberではなく、純粋に自主制作の映画やドキュメンタリーを販売して生活するという方法も可能になりそうです。

ところでこのAVD、あくまでも米Amazonでのサービスなのですが、米Amazon内に日本語のサイトも用意されています。 米国、英国、ドイツ、オーストリア、そして日本のユーザが利用できるということで、ADV用のアカウント作成などもすべて日本語表示になっていました(ADVアカウント作成には米Amazonのアカウントが必要)。

ADV

日本語で利用できるとはいえ、公開されるのは米Amazonなので、基本的には英語でコンテンツを作る必要があるのでしょうね。

何にしても収益化の選択肢が増えるのはいいことだと思います。動画は作れないけど、チャレンジしたほうがいいのかな?

(via engadget)
(source Amazon, プレスリリース)

タグ: , ,

back to top