米Amazon、レジがないリアル店舗「Amazon Go」をオープン

Amazon Go

米Amazonが噂になっていたリアル店舗「Amazon Go」をシアトルにオープンさせました。

このAmazon Go、1800平方フィート(約167㎡)ほどのコンビニで、最大の特徴はレジがないという点です。

自分で清算を行うセルフレジはそこそこ普及していますが、Amazon Goは完全にレジがありません。

入り口でAmazon Goアプリを使ってチェックインすると、カメラやセンサー、そしてディープラーニングを使って、その人が何を取ったかを常にチェックし、店外に出ると自動で清算が行われます。

Amazon Go

Amazon Goは現在、同社の従業員によってベータテストが行われている状態で、実際に誰でも利用できる店舗は2017年にオープン予定とのこと。

この仕組みが普及すると、もう万引きなんてなくなりそうですね。

ところで、アメリカ合衆国労働統計局によると、レジ係は約350万人が働く米国で2番目に規模の大きな職業だそうです。
Amazon Goが普及すると、この職業がなくなってしまうわけで、やっぱり徐々に単純労働がコンピュータに置き換わっていくという流れは止まりませんね。

(via engadget, Seattle Times)
(source Amazon)

タグ:

back to top