米Amazon、留守でも家の中まで配達する「Amazon Key」を開始。スマートロックを活用

日本だと受け入れられないでしょうね

米Amazonが配達時に家主が不在でも、スマートロックを配達員が開け、部屋の中に荷物を置き配達を完了する新サービス「Amazon Key」を発表しました。

Amazon KeyはPrime会員向けのサービスとして提供。スマートロック、Alexa対応のスマートカメラ「Amazon Cloud Cam」、そして専用アプリから構成されています。配送時、カメラによって正規の配達員であることを確認するとロックが解除され、中に荷物を置いてもらえる仕組みです。ロックを解除するまえにスマートフォンに通知が来るようになっており、カメラの様子はライブで確認可能。また後から録画を確認することもできます。

なお、Amazonで購入したすべての荷物が自動的に室内に配送されるわけではなく、配送オプションで「In-Home」を選んだものだけに適用されます。

Amazon Key In-Home Kitは$249.99で販売中ですが、購入できるのは一部地域のPrime会員に限られます。

米Amazonでは、ハウスクリーニングやペットシッターなどの業者が派遣される「Amazon Home Service」が提供されており、このサービスもAmazon Keyの対象になっています。外出中でも家の掃除などを任せられるので、便利と言えば便利です。

日本だとなかなか受け入れがたいサービスな気はしますが、宅配ボックスを設置できない集合住宅などでは役立ちそうです。もっとも、賃貸だとスマートキーを設置できない問題が出てきますけど。

やはり日本だとコンビニ受け取りが現実的なところでしょうかね。

(source Amazon)

タグ: , ,

back to top