AirPodsに初となるアップデート配信 内容は「マイナーなバグ修正」

Appleのワイヤレスイヤホン AirPodsに発売後初となるアップデートが行われています。

といっても、特に何か操作が必要なわけではなく、iPhoneに接続していれば自動的にアップデートが行われています。
裏を返すと、私のようにiPhone以外に接続して使っているという奇特な人は、iPhoneに繋げないとアップデートが行われないということなので注意が必要です。

アップデート後のAirPodsのバージョンは「3.5.1」となります。

バージョンは、iPhoneの設定> 一般> 情報> AirPodsから確認ができますが、AirPodsの項目はAirPodsをiPhoneに接続していないと表示されません。

肝心のアップデート内容は不明。「マイナーなバグ修正」が行われているそうです。

しかし、iTuneなどにつないでアップデートできないと、iPhoneを持っていない人にはつらいですね。
まぁ、iPhoneを持っていない人は端から買わないのだろうけど。

(source AppleInsider)

タグ: ,

back to top