日本エイサー、LTE対応のChromebook 11 C732Lを4月26日発売

LTE搭載はこれから増えてくるかな?

日本エイサーが1月に予告していたLTE対応のChromebook、Chromebook 11「C732L-H14M」を4月26日(木)に発売すると発表しました。価格はオープン。

Chromebook(Chrome OS)はクラウドにデータを保存し、シンクライアント的に使えるのが特徴ですが、その割にLTE対応モデルはほとんどなく、Pixelbookぐらいしかリリースされていない状態です。

そんな中でリリースされるAcer Chromebook 11「C732L-H14M」は、LTE対応とのことで注目を浴びそうなモデルです。

対応版はLTE:Band 1/3/19/21/28、3G (W-CDMA): Band 1 とのこと。音声通話には非対応でSIMロックはかかっていないとのこと。

MIL-STD 810Gの高温・低温耐久、防滴、防湿、耐振動、耐衝撃、防塵の項目をクリアし、122cmから落としても大丈夫なタフネス設計も特徴です。教育機関向けを想定しているとのことで、子どもが多少乱暴に扱っても問題はなさそうです。

▲キーボードも防水仕様

教育機関向けならLTEはなくてもいいのでは?とも思いますが、高額な初期投資が必要な無線LAN環境への依存を軽減し、校外学習時にも使えるようにとのこと。確かに外で使えるのは便利そうですが、

その用途には、別途発表されていたタブレット端末のほうが向いていそうですが、2020年のプログラム教育必修化も見据えてのことのようなので、キーボードは必要だったのでしょう。なお、フラットにはなりますが、タブレットスタイルでの使用はできません。

その他、主な仕様は下記。

  • ディスプレイ : 11.6インチ 1366 x 768
  • CPU : Celeron N3350
  • RAM : 4GB
  • ストレージ : 16GB
  • Wi-Fi : 802.11 a/b/g/n/ac
  • Bluetooth : 4.1
  • LTE : Band 1/3/19/21/28、3G (W-CDMA): Band 1
  • インターフェース : USB Type-C(3.1) x 2、USB Type-A(3.0) x 1、3.5mmジャック、micro SD
  • サイズ : 302 x 209 x 21.3mm
  • 重さ : 1.26Kg
  • バッテリ : 最大約12時間(充電は45W USB Type-Cアダプタ)

(source Acer)




back to top