Amazon、4K HDRに対応した新形Fire TV発表。10月25日発売、8980円

この形が流行りなのか。

Amazonが新形Fire TVを発表しました。価格は8,980円で10月25日発売です。

Fire TVといえば、従来はApple TVにも似たセットトップボックスでしたが、新型Fire TVはChromecast Ultra的というかFire TV Stickの親分のような感じになりました。従来あった有線LANも廃止されています。

代わりに、最大60fps、4K・HDRに対応。プロセッサがAmlogicに変更になり、RAMも2GBとFire TV Stickの倍になっています。

仕様 旧Fire TV 新Fire TV
プロセッサ MediaTek 2.0GHz デュアルコア Amlogic 1.5GHz クアッドコア
GPU Power VR GX6250 Mali450 MP3
RAM 2GB 2GB
ストレージ 8GB 8GB
出力 2160p(30fps)、720p/1080p(60fps) 2160p/1080p/720p(60fps)

なお、米国ではFire TV Stick同様にAlexaに対応していますが、日本では未対応。ただハード的には同じもののはずなので、米Amazonのアカウントを使えばAlexaに対応すると思われます。

個人的にはセットトップボックスには有線LANが付いていいて欲しかったですが、時代の流れなのでしょう。Amazonビデオでも4K HDRの作品が増えてきているので、テレビが対応しているのなら新型に買い替えるメリットはありそうです。

なお、NetflixでHDR作品を見るには一番上の4画面プランに加入する必要があるので注意してください。

Fire TV (New モデル) 4K・HDR 対応、音声認識リモコン付属
カテゴリ:モバイル