アナログ時計で心拍センサを搭載したNokia Steel HRが12月15日に発売。Withing Steel HRのNokiaロゴ版

値段がちょっぴり上がってます

Nokiaがアナログ時計と融合した心拍センサ搭載スマートウォッチ、Nokia Steel HRを12月15日に国内販売すると発表しました。価格は36mmケースが2万5250円(税込)、40mmケースが2万7950円(税込)。

如何にも新発売っぽい雰囲気ですが、実のところ2017年1月に発売されたWithings Steel HRと同じもの。Withingsは2016年6月にNokiaに買収されていましたが、2017年夏にWithingsブランドが消滅し、Nokiaに統一。今回のNokia Steel HRもWithingsロゴをNokiaロゴに付け替えたものになります。

機能としては、歩数や消費カロリーなどの計測のほか、睡眠ログにも対応。また、文字盤上に小さな液晶ディスプレイを搭載しており、内容までは把握できないもののスマートフォンの着信通知や各種計測結果の表示が行えます。

反面、ディスプレイ表示や着信通知機能のないActiviteが8か月の電池持ちに対して、バッテリー寿命が最長25日と短くなっています。ちなみにバッテリは電池式ではなく充電式になっています。

back to top