カテゴリ:News

Netflix、ゼンハイザーの「AMBEO 2-Channel Spatial Audio」に対応。ステレオスピーカーでも立体音響を体験可能に

Appleの空間オーディオにも対応済み

米Netflixは7月7日(現地時間)、ゼンハイザーの立体音響技術「AMBEO 2-Channel Spatial Audio」を採用したと発表しました。世界中のNetflixユーザーが利用でき、一般的なステレオスピーカーでも空間オーディオを楽しめるとのことです。

これまで、スマートフォンや一般的なステレオスピーカーしかなかった人でも、Dolby AtmosやMPEG-H Audioで制作された音楽や映画の恩恵を受けられるとしています。AMBEO 2-Channel Spatial Audioは、標準的なテレビやステレオシステム、ヘッドホン、タブレット、ラップトップなど現在ステレオ再生できている環境あれば、どこでも利用できるとのこと。Netflixが最初の対応プラットフォームとなり、「ストレンジャー・シングス」のシーズン4では、AMBEO 2-Channel Spatial Audioが2チャンネル使用時のデフォルトになります。なお、Netflixの検索で「空間オーディオ」と入力すると、対応しているタイトルが確認できます。

Source: Netflix(1), (2), Sennheiser via GIZMODO