Nature Remo 3発表。センサー精度向上、BLEも追加

BLE追加は大きそう。今後の対応に期待

Natureが6月24日、第3世代となるスマートリモコンNature Remo 3を発表しました。価格は据え置きの9980円(税込)で、発売は7月中旬~8月上旬を予定。すでに先行予約は開始しており、数量限定で8980円で購入可能です。

Nature Remo 3は、温度・湿度センサー、照度センサー、人感センサーを搭載したフルモデル。各センサーの精度が向上しており、、反応のリアルタイム性も高まっているとのこと。また、人感センサーはこれまで「反応しなくなったら」というトリガーしか利用出来ませんでしたが、「反応したら」も利用可能になるとのこと。

これで、玄関や部屋で「人感センサーが反応したら照明を点ける」といった制御が可能になります。

そしてあらたに、BLEにも対応しています。Remoのセットアップは、これまでWiFi経由で行わねばならず、これが1発ではうまくいかないくせ者でしたが(もちろん環境にもよるのでしょうが)、スマートフォンからBluetooth経由で簡単にセットアップ可能になっているようです。

また、赤外線ではなく、BLE経由でのスマート家電の操作も可能になっており、第1弾として目覚ましカーテン「mornin’ plus」との提携も発表されました。

mornin’ plusはスマートスピーカーには対応していないのですが、Nature Remo 3をハブとして、GoogleアシスタントやAlexaから操作が可能になります。

このほか、Nature Remo Eとの連携も可能になるとのこと。Remo Eはスマートメーターから値を読み取り、家中の電気使用量を可視化出来るデバイスですが、連携により「電気使用量が2000Wを超えたらエアコンを止める」といった制御が可能になるようです。

電気の使いすぎを気にしている人には便利そうな機能です。

source: Nature

カテゴリ:モバイル