+メッセージがMVNOでも利用可能に。9月2日から順次拡大

+メッセージ、使ってないな……

NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの携帯キャリア大手3社は9月2日、「+メッセージ」を3社のサブブランドや各回線網を利用するMVNO各社に順次拡大していくと発表しました。

+メッセージは、SMSやMMSに代わるマルチメディアメッセージングとして、GSMAが定めたRCS(Rich Communication Services)規格に準拠したサービスで、2018年に提供がスタート。写真などのファイルを送るには送信側・受信側ともに+メッセージを利用していなければいけないが、これまではいわゆる格安SIMのMVNOでは利用できませんでした。

この+メッセージ、2021年7月には利用者が2500万人を突破したとしていますが、おそらくキャリア端末にプリインストールしている数もカウントしているのではと思います。そんな+メッセージを普及させるためにも、MVNOへの拡大が必要と判断したのでしょう。

なお、各キャリアの対応スケジュールは下記の通り。楽天モバイルについては一切言及がないのが寂しいところです。

会社名対応時期ブランド/通信サービス
KDDI提供済みau
povo
2021年9月2日(木曜)UQ mobile
MVNO(au回線)
NTTドコモ提供済みNTTドコモ(ahamo含む)
2021年9月下旬予定MVNO(ドコモ回線)
ソフトバンク提供済みソフトバンク
2022年春予定ワイモバイル
LINEMO(ラインモ)
MVNO(ソフトバンク回線)

ちなみにRCSですが、Android標準のメッセージアプリは標準対応しており、+メッセージを利用しなくても、キャリアに関係なく世界中のユーザーと送受信が可能です。むしろ+メッセージを利用しなければいけないのは、日本独自仕様になりマイナスなのではとも思いますが、いまのところiPhoneが標準ではRCS対応していないので、iPhoneシェアが高い日本では仕方がないところでしょうか。

Source: NTTドコモ

※記事の内容は執筆時点のものです。記事内のリンクからアフィリエイト報酬を得ることがあります。