米Motorola、スタイラス内蔵のmoto g STYLUSを発表

Sペンのような専用のものではなく、いわゆるただのスタイラスのようです

Motorolaは2月7日(現地時間)、スタイラスを内蔵する6.4インチスマートフォン「moto g STYLUS」を米国で発表しました。

解像度は2300×1080で、フロントカメラはパンチホール型のノッチを採用。Snapdragon 655にRAM4GB、ストレージ128GBのミドルクラス端末となります。バッテリー容量は4000mAhで3.5mmジャックも搭載。

背面カメラは48MPのメインカメラ、16MPの超広角(117°)、2MPのマクロカメラという組み合わせ。4つレンズらしきものが見えますが、一番下はレーザーオートフォーカス(TOF)です。

そして肝心のスタイラスですが、本体底面に収納可能。

ただし、Galaxy NoteのSペンのような専用スタイラスではなく、どうやらただの静電容量方式(パッシブ方式)のスタイラスです。画面オフメモや、引き出したときにアプリが起動するなどの仕掛けはあるようですが、それ以外の特別な機能はない様子。

LGにも、スタイラスが使えるLG Q Stylusがありましたが、それと同等なものですね。

米国では300ドル(約3万3000円)で今春発売とのこと。スマートフォンでメモ書きをしたいけど、Galaxy Note10は手が出ないという人にはいいのかもしれません。

ちなみに、ほぼ同スペックでスタイラスがない代わりにバッテリ容量が5000mAhになったmoto g Powerも発表されています。世代的にはどちらもmoto g8シリーズになると思うのですが、今年からナンバリングはなくなるのでしょうか?

とりあえず、日本で出るかはわかりませんが、最近はミドルクラスも差別化が難しくなってきているので、スタイラスはウリの一つにはなりそうです。

(source motorolamoto g STYLUS)