表面がタッチパッドになるキーボードのMokibo、今度はiPad向けにリリース予定

広いタッチパッドが使いたい人には良さそう

タッチパッドにもなるキーボードという、ちょっと変わったデバイスMokiboが、あらたにiPad向けのMokibo Folioを予告しています。

Mokiboは、キーボード表面がセンサーになっており、表面をなぞるとタッチパッドとして使えるというもの。これをiPad向けにアレンジしたのがMokibo Folioです。

iPad Pro 11インチ用、12.9インチ用の2つのサイズがリリースされるとのこと。

Folioカバーにするなら、普通にタッチパッド搭載してもいいのでは……という気もするのですが、広い面積のタッチパッドが使えると考えれば、需要はあるのかもしれません。

Mokibo Folioは、まもなくKickstarterでクラウドファンディングが開始されるとのこと。特設サイトで登録しておくと、開始時に通知が来ます。

カテゴリ:モバイル