スマホやタブレットで使える薄型スタンド「MOFT X」レビュー

ワイヤレス充電対応モデルも開発中とか

以前、Kickstarterでクラウドファンディングを実施していた際に紹介したタブレットやスマートフォン用薄型タブレットスタンドの「MOFT X」。いつの間にかMakuakeでもキャンペーンを開始しており、今回そのサンプルをレビュー用に提供頂きました。

あらためて紹介すると、MOFT XはノートPC向け薄型スタンドMOFTをスマートフォンやタブレット向けにしたもの。スマートフォン用、タブレット用、ミニタブレット用の3種類があります。

▲左からタブレットスタンドmini、タブレットスタンド、スマートフォンスタンド

まずはスマートフォンスタンド。サイズは64 x 105mmで、iPhone 11 ProやPixel 4にぎりぎり貼り付けられるサイズです。

▲iPhone 11 Proに貼り付け

粘着シートで貼り付けるので、表面が凸凹しているようなケースでは貼り付きません。粘着力はかなり強力ですが、跡が残るようなことはありませんでした。約500回の貼り直しが可能とのこと。

▲3種類とも貼り付けは粘着シート

スタンドを折り曲げることで、スマートフォンを縦、あるいは横向きに置くことが可能。

▲縦向き。角度は約60度。ビデオ通話やPCの横に置いておくときはこのスタイルが便利そう
▲横向き。角度はおよそ40度。動画視聴スタイルですね

手に持つ時には、スマホリングのように手や指を通すことで、持ちやすくする効果もあります。

▲この方法が一番持ちやすかったです

なお、スマートフォンスタンドのみ、背面にカード入れが付いています。カードを3枚まで収納可能ですが、3枚入れるとかなり取り出しにくくなるので、2枚あたりが現実的。ちなみに、Suicaなどを収納したまま利用することはできません。

スタンドには鉄板が入っているので、付属の磁石シートを使って壁などに貼り付けることも可能です。ただ、スタンド側が磁石になっているわけでは無いので、それ自身で冷蔵庫に貼り付いたりはしません。

▲右にあるのが磁石シート。両面テープで壁などに貼り付けます

そして、この鉄板が入ってるために、MOFT Xを装着した状態ではワイヤレス充電も行えません。試していませんが、この位置にNFCがある機種ではおサイフケータイ機能も利用できないでしょう。iPhoneは上のほうにあるので大丈夫なようです。

続いてタブレットスタンド。サイズとしては210 x 150mm。10インチ~13インチに対応しており、iPad Proにピッタリのサイズです。一回り小さいタブレットスタンドminiは171 x 116mm。8インチにタブレットにちょうど良いサイズです。

▲Fire HD 8(左)と11インチのiPad Pro(右)に貼り付けたところ

構造自体はどちらも同じで、縦向きに3つ、横向きに3つの置き方ができます。

▲オーソドックスな縦置き。角度は60度
▲一段畳んだ縦置き。角度は40度
▲最初の状態で反対向きに立てかけた状態。角度は25度
▲ノーマルな横置き。角度は60度
▲一段折り畳んだ横置き。角度は40度
▲スタンドにある折り目を折った状態。角度は30度

最後の横向きでさらに折った状態は、下記のようになっています。正直、この状態に折るのにひと手間かかるので、どうしても浅い角度で使いたい場合以外には、あまり使わないかなという印象です。

スマートフォン用を含め、 縦向きの時に最上部を押すと倒れそうになりますが、それ以外では画面タッチ時にもグラついたりせず、安定しています。

iPad ProやFire HD 8も、スマートフォンと同じようにスタンド部を持つことで、片手で保持しやすくなります。

▲iPad Pro 11インチを片手で保持

正直なところ、iPad ProだとFolioケースなど、キーボードを使えるケースを使う人が多いと思うので、MOFT Xの出番は少ないかもしれません。ただ、それ以外のスマートフォンスタンド、タブレットスタンドminiはかなり使い道が多そうです。

ワイヤレス充電を行えないのが難点ですが、そこをスタンド機能とのトレードオフで受け入れられるかどうかで、評価が変わりそうです。

back to top