MOFT、マグネット着脱式のSnap-Onタブレットスタンドを国内発売

積極的に縦置きで使いたいならありかも

MOFTが6月7日、グローバルで5月末に発売された「Snap-Onタブレットスタンド」の国内販売を開始しました。ちょうど海外購入したものが届いたので、簡単に紹介したいと思います。

Snap-Onタブレットスタンドは、従来のタブレット用MOFTスタンドをマグネット着脱式にしたもの。iPhone 12シリーズで利用できるMagSafe対応MOFTのタブレット版みたいなものです。

もちろん、タブレット側にはマグネットがないので、付属のマグネットシートを貼り付けます。これは粘着式で着脱可能。ただ取り外しても置き場所に困りますけど。

▲マグネットシート
▲粘着素材で着脱できますが、置き場所に困るので貼り付けたままになりそう

シートの厚みは0.73mmありますが、貼り付けたままでもiPad ProのMagic Keyboardは問題なく利用できました。

▲マグネットシートを貼り付けたままでもMagic Keyboardは利用可能

スタンド本体はこれまでと大差はなく、折り方によって計6種類のアングルに変更可能。

iPadでMagicKeyboardやFolioカバーを使っているなら、MOFTを使って横向きで利用するシーンは多くないと思いますが、縦置きできるのはそれなりに便利そうです。

▲縦に置けるのは便利
▲横向きで利用する機会は少ないかも

なお、マグネットの保持力はそれなり。スタンドとして使う分には問題ありませんが、公式サイトにあるようなフローティングでの利用はiPad Pro 11インチでは無理でした(自重で落ちてきてしまう)。

手に持って使うにも便利かもと思っていましたが、同じ理由でスタンドがズレてしまうので、多少持ちやすくなる程度の効果です。

▲スタンドだけを持って、iPad Pro 11インチを持ち上げるだけの保持力はありません

また、マグネットシートを貼り付けてはいますが、iPadの場合、カメラ部の出っ張りがあるのでそのままでは冷蔵庫に貼り付けることはできません。カメラ部と面一になるようなケースを装着し、そこにマグネットシートを貼るのであれば大丈夫かもしれません。

日本での価格は3980円。ジェットブラック、クールグレー、サンセットオレンジ、ワンダーラストブルーの4色で発売中です。

※記事の内容は執筆時点のものです。記事内のリンクからアフィリエイト報酬を得ることがあります。