Microsoft、Xbox Cloud Gamingを日本でも提供開始

ゲームのつまみ食いが捗りそう

Microosftは10月1日、以前からベータテストが行われているXbox Cloud Gaming(Beta)をXbox Game Pass Ultimateの特典として日本、およびオーストラリア、ブラジル、メキシコで提供を開始しました。

Xbox Game Pass Ultimateは月額1100円(初月は100円)で、100を超えるタイトルが遊び放題になるというサービス。たとえば、マインクラフトやバイオハザード7、Microsoft Flight Simulatorなどのメジャータイトルも対象になっています。

Xbox Cloud Gamingは、これらのタイトルをクラウド上で実行。手元の端末には映像(と音)をストリーミングすることで、マシンパワーを必要とせず、インストールなども不要でゲームを楽しめます。

このため、Windowsだけではなく、AndroidやiOSでもプレイ可能。ただし、快適かどうかはネットワーク環境次第。また、タイトルによってはモバイルでのタッチ操作に対応していないので、別途コントローラの利用が必要なものもあります。

クラウドゲーミングは、日本でもGeforce Nowがすでに提供されていますが、対応タイトルは別途購入が必要です。それに対して対応タイトルは月額料金に含まれるXbox Cloud Gamingはかなりお手軽で、まさにゲームチェンジャーとなるかもしれません。

Source:Microsoft

※記事の内容は執筆時点のものです。記事内のリンクからアフィリエイト報酬を得ることがあります。