Microsoft、2画面端末「Surface Neo」「Surface Duo」発表

Surface Duo欲しい!

Microsoftは10月2日、ニューヨークで開催したSurface発表イベントにおいて、2画面折り畳み端末を2機種発表しました。

2画面Windwos端末 Surface Neo

まず1つ目は、Windows端末のSurface Neo。これまで、Centaurusと呼ばれていた端末です。

Galaxy Foldのように1画面を折りたたむのではなく、LenovoのYoga Bookと同じく元から2画面に分かれているもの。1画面あたり9インチで開くと13インチに。逆方向におり、タブレットスタイルでの利用も可能です。

ソフトキーボードの他、専用の物理キーボードを載せることも可能。キーボードの配置にあわせて、開いた分がタッチパッドになったり、サブディスプレイ的に使えたりするようです。

搭載するのは、2画面ディスプレイに特化したWindows 10X。2画面でウィンドウを柔軟に行えるほか、Live Tileが廃止されたスタートメニューなどの変更点もありますが、具体的な内容はまだわかりません。

2画面スマートフォン Surface Duo

もう一つはサプライズ的に発表された2画面スマートフォン Surface Duo。Neoを小型化した雰囲気ですが、OSにはAndroidを搭載しています。

1画面あたり5.6インチで開くと8.3インチ。Neoと同様に360度開くヒンジをもち、1画面での利用も可能です。

どちらも2020年ホリデーシーズン発売

Surface NeoとDuo、発売はどちらも2020年ホリデーシーズン――つまり2020年末です。

あと1年待たなければいけないのは残念ですが、どちらの端末も非常に魅力的。価格が気になるところですが、Galaxy FoldやMate Xほどには高価にならないのではと思えます。

正直なところ、無理して1画面を折りたたむより、2画面を使って真ん中のベゼルを細くする方向に努力したほうが、実用的なものが出来る気もします。

この流れに、他社もぜひ乗って欲しいところです。

(source Microsoft)

back to top