次期Surface Pro 6とLaptopはUSB-C非搭載との噂。日本時間10月3日発表予定

小型のSurface Laptopが欲しかった

日本時間の10月3日AM5時にニューヨークで開催されるMicrosoftのSurfaceイベント。そこで発表が予想されている次期Surface Pro、Surface Laptopについて、ぼちぼちと情報が出そろってきました。

基本的に、どちらもハードウェア仕様の大きな変更はなく、プロセッサの更新程度にとどまる様子。そのプロセッサは第8世代のintel Core-i5とi7。Surface Pro(Pro 6)にはCore m3モデルも用意されますが、Surface Laptopにはないようです。

RAMはCore m3モデルが4GB、他は8GBからとなるとのこと。Laptopのほうが下位モデルという気がしていたのですが、微妙な逆転現象が起きています。

変更点はこの程度に留まるようですが、第8世代のKaby Lakeではコア数が2つから4つに増えており、単純な世代の増加以上に性能差はあるかもしれません。

なお、ポート類はどちらの機種もUSB Type-Cは非対応。従来通り、Type-Aとミニディスプレイポート、Surface Connctorのみとなります。

Surface Goにも採用されたUSB Type-Cがないというのは、ちょっと意外なのですが、普通にPCとして使う分にはType-CよりもType-Aのほうが、まだ便利なのは確か。この辺の判断もあるのかもしれません。

個人的には10インチサイズのSurface Laptopを期待していたのですが、やっぱり出なさそうですね。

(source WinFuture, MySmartPrice)

B07FDQ3JF8
価格 ¥ 79,674 (2018/10/01 09:35時点)

Amazonで購入

back to top