Microsoft、10.5型になったSurface Go 2発表。外形は変わらず、Core MモデルはLTEをサポート

RAMが16GBあれば即決だったのですが、ちょっと悩ましいかなぁ

Microsoftは5月6日、以前から噂のあったSurface Go 2、Surface Book 3、Surface Headphones 2を発表しました。また、発売が延期されていたSurface Earbudsを米国で5月12日に発売するとあらためて発表しています。

とりあえずSurface Go 2ですが、基本デザインはそのままに、ディスプレイが10.5インチに少しだけ大きくなりました(従来モデルは10インチ)。バッテリー寿命も伸びたほか、プロセッサにはPentium Gold 4425Yを搭載。上位モデルとして、最大64%高速になったという第8世代のCore Mを搭載したモデルも用意されます。型番等の詳細はまだ不明ですが、Core m3-8100Yでしょうか?

それ以外のアップデートとしては、ビデオチャットなどで便利なデュアルマイクソリューション「Studio Mics」を搭載。通話中のバックグラウンドノイズを低減できるとのこと。フロントカメラは5MPで暗所でも鮮明なビデオ通話ができるとしています。また背面カメラもドキュメントやホワイトボードのスキャンに便利な新しいカメラアプリを追加したとのことです。

ただ、やや残念な点としては、メモリが4GBと8GBの2モデルらしきこと。ストレージは64GBと128GBです。なお、Core MモデルはLTE接続もサポートします。

日本国内での価格はまだ発表されていませんが日本のMicrosoftストアでも予約が開始されました)量販店(ヨドバシビックカメラ)ではすでに5月12日発売とのことで予約を受け付けています。価格は、Pentium Gold 4425Y / 4GB / 64GBが6万5780円(税込)、Pentium Gold 4425Y / 8GB / 128GBが8万5580円(税込)、Core m3 / 8GB / 128GBが10万7580円(税込)。あいかわらず、Office Home and Business 2019は付属しているようです。

また、Wi-Fi 6(802.11 ax)もサポートしています。外形寸法もSurface Goと全く同じなので、タイプカバーなどのアクセサリはそのまま流用できそうです。

ただ、従来のバーガンディに代わり、色鮮やかなポピーレッドというカラーが加わっているのが気になるとこと。買うならこれかブラックがいいかなと思うのですが、発売はプラチナが先行っぽい雰囲気です。

(source Microsoft)