Material Designを採用した新しいGoogle Playアプリのスクリーンショットが大量にリーク

Google I/Oで発表されたMaterial Designを採用したGoogle Playアプリのスクリーンショットが大量にリークしています。

これが現状のもの。

これが新しいもの。

キービジュアルが大きくなり、Material Designの「Bold, graphic, intentional」(大胆に、生き生きと、意図的に)という原則に沿っているのがわかります(単語の解釈はDevelopers.IOより)。


最初の例はアプリでしたが、今度はMovies&TVの画面。これも上が現在のもの、下が新しいものです。

Android Policeではさらに大量のスクリーンショットが掲載されています。

新しいUIを採用したGoogle Playアプリがいつリリースされるのかわかりませんが、Material Designに従うならアプリ単体の改修ではなくWEBサイトのデザイン変更も伴うはずなので次期AndroidのAndroid Lが正式リリースされるタイミングになるのかもしれません。

このMaterial Desiginという考え方、雰囲気はわかるのですが、イマイチ理解できていないのですよね。日本語の解説サイトあるいは書籍とか出てこないかなぁ。

(source Android Police )

カテゴリ:News