何もない机の上でQi充電を可能にする「deskHack」がMakuakeに登場

アイデアの勝利な気がする

普段使っている机の上に、スマートフォンを置くだけで充電が可能に。そんなQi対応ワイヤレス充電器「deskHaack」がMakuakeに登場しました。

ワイヤレス充電は便利なのですが、充電台を机の上に置いておくのが邪魔だったりすることも。机に穴を開けたり、ケーブル用の穴を利用して埋め込むタイプもありますが、導入のハードルは高めです。

ということで、登場したdeskHackですが、机の上には何も置く必要はありません。どんな仕組みなのかというと机の裏側に充電台を貼り付けます。

一般的なQiの充電台は、2~3mm離れてしまうと充電できませんが、deskHackは最大で32mmまで対応。厚みが32mmまでの机なら裏側に貼り付けておけば机の表側で充電可能というわけです。

もちろん、金属製の机や金属の芯が入っているようなものでは使えませんが、それ以外であれば、木製や合成樹脂製、ガラスなどでも対応するとのこと。

Qiでそんなに離れた距離の充電は可能なのか?と疑いたくなりますが、逆に真上に置いた際は充電できません。充電可能距離を12mm~32mmの間に設定しているとのことです。

また、表から見て充電場所が分からなくなりそうですが、目安となる透明シールも付属するそうです。

うっかり金属製品を置いてしまうのが怖い気もしますが、そういった場合には異物検知機能で充電は行いません。

充電台としての性能は、Qi互換で10W/7.5Wに対応。電源は3.5mmの丸プラグで専用のACアダプターとなります。

机上をスッキリさせたい人や、喫茶店などにもいいかもしれません。うっかり水をこぼしても、被害が少なそうです。

現在の最低支援額は6480円から。上手くいけば6月に出荷の予定です。

(source Makuake)

back to top