8.9型UMPC「MAG1」にCore i7-8500Y搭載モデル。Amazonで販売開始

LTEモデルいいなぁ

いつの間にかAmazonでの販売を開始していた Magic-Benの8.9型PC「MAG1」 に、Core i7-8500Yを搭載した限定バージョンが登場しました。LTEモデルが12万9300円、WiFiモデルが12万1500円。どちらもRAM16GBにストレージが512GBとなっています。

MAG1は、OneMix 3に非常によく似たキーボードを持つUMPC。横幅自体もOneMix 3とほぼ同じですが、狭額縁のため画面サイズは8.9インチ (2560 x 1600)と大きく、また小さいながらもトラックパッドを備えているのが特徴です。

なお、WiFiモデルにもSIMスロットは備わっており、内部のM2.2242スロットにWANモジュールを追加すればLTEを利用可能(なはず)。LTEモデルには最初からWANモジュールが搭載されています。

限定版となるCore i7-8500Yは、最近流行りの第10世代ではなく、第8世代のもの。OneMix 3S プラチナエディションが搭載するのと同じものです。

ぼちぼちっと第10世代のCore i7-10510Yやi3-10110Yを搭載するものも出てきているので、若干今更感もありますが、少しでも処理性能を挙げたいなら選択肢としてはありでしょう。

カテゴリ:モバイル