LG、ベゼル幅0.7mmという狭枠ディスプレイパネルを披露

最近のスマートフォンは狭枠化が進んでいますが、LGが最新の狭枠LCDパネルを披露しました。

ディスプレイサイズは5.3インチで解像度は1920×1080。ベゼル幅は0.7mmという超狭枠仕様となっています。

狭枠ディスプレイというとシャープのAQUOS CRYSTALを思い浮かべますが、これは狭枠ではあるものの、実際以上に狭く見せる工夫をしたディスプレイ。

今回のLGのディスプレイのほうがベゼル幅は狭いようですね。

まだ製品化はされていませんが、LGはこのディスプレイを11月に量産開始し、これを使ったスマートフォンをまず中国市場に投入するということです。

あんまり狭枠にしてしまうと持ちにくい端末になってしまいそうな気もするし、落とした時に割れやすくなるんじゃないかとも思うけど、そのあたりは工夫があるんだろうか?

(source Droid Life)

※記事の内容は執筆時点のものです。記事内のリンクからアフィリエイト報酬を得ることがあります。