Lenovo、Snapdragon 8c搭載のIdeaPad 4Gを4月9日発売

Arm版Windows 10、あまり話題になりませんがどんなものなんでしょうね

レノボ・ジャパンは4月6日、Snapdragon 8cを搭載した14型モバイルノートLenovo IdeaPad 4Gを発表しました。4月9日発売で、価格は10万9780円(税込)より。

IdeaPad 4Gは、Arm版Windows 10搭載のAlways connected PC。4G LTEに対応しており、SIMを挿して自前で通信が可能です。省電力なSnapdragon 8cを搭載することで、約21時間の長時間バッテリー駆動を実現するのも特徴となっています。

主な仕様としては、ディスプレイは14.0インチ 1920×1080で、RAM8GB、ストレージ256GB(PCIe NVMe/M.2)。指紋センサーは非対応ですが、IRカメラによる顔認証が可能です。

インターフェースはUSB 3.0 Type-C x2(PD対応、DisplayPort出力対応)、USB 3.0、SIMカードスロット(nanoSIM)、3.5mmジャック。無線関連はIEEE 802.11 ac/a/b/g/nにBluetooth 5.1。サイズは約321.7×207.0×14.9mm、重さ約1.2Kg。

Arm版Windows、Microsoft自身もあまり上手くいってはいないイメージなのですが、IdeaPad 4Gがどんなものなのか、気になるところではあります。

Source: Lenovo(1), (2)

※記事の内容は執筆時点のものです。記事内のリンクからアフィリエイト報酬を得ることがあります。