イヤホンを収納できるスマートウォッチ「Wristbuds」がKickstarterに登場

実用性はともかく、嫌いじゃない

以前に、スマートウォッチにイヤホンを収納できる「Wearbuds」を紹介しましたが、サイズが大きく常用するのは難しいイメージでした。しかし、ほぼ同じコンセプトながら、よりスマートになったWristbudsがKickstarterでキャンペーンを行っています。

関連:
イヤホンを収納できるフィットネストラッカ「Wearbuds」、Makuakeでクラウドファンディング開始

イヤホンを収納するスマートウォッチというコンセプトはまったく同じですが、収納方法が異なっており、こちらはディスプレイが開いて内部に格納する形。

イヤホンはインナーイヤー型ですが、耳にはまる部分が可動式になっており、収納に便利なだけではなく、フィット感が増しているとのこと。

肝心の性能としては、Bluetooth 5.0でグラフェンドライバーを採用。タッチコントロールに対応しており、ダブルタップで曲の再生・停止などが行えます。

対応コーデックが不明ですが、チップがRealtek RTL8763BFPなのでaptXには非対応でAAC止まりだと思います。

スマートウォッチ側はオーソドックスなアクティビティトラッカーがメインのもの。心拍センサを搭載しており、睡眠計測にも対応します。

サイズは555 x 300 x 196mmで、重さ47g。横から見るとかなり分厚くはなりそうです。写真ではかなりスマートに見えますが、実物はかなり出っ張っているのではないかと思います。

かなりキワモノ感はありますが、ワイヤレスイヤホンをスマートに持ち運びたい人には便利そうなそうでもなさそうな……といったところです。

現在の最低出資額は79ドルから。上手くいけば4月に出荷の予定です。

(source Kickstarter)

カテゴリ:クラウドファンディング